和歌山県で進める「自然エネルギー発電」

自然エネルギーの「地産地消」を目指します

日照時間の長さなど太陽光発電に最適な和歌山県において、県外大手企業の金儲けの手段としての太陽光発電の導入が見られます。自然エネルギーの普及は、地域特性を生かし、再生可能で安全なエネルギーの確保策として進められるべきもので、金儲けの手段として利用されるのは好ましくありません。

 県内の太陽光発電関連企業が連携して「地域密着型発電会社」を設立、「地産地消」の自然エネルギー発電事業を推進することによって、地域経済の活性化につながる普及促進を目指します。

発電により得られた収益を地域に還元します

太陽光発電により得られた収入は、長期間の事業継続運営のために必要な経費と適正な利益を確保した上で、発電環境に恵まれた和歌山の特性から得られる計画以上の収益は、「地域還元基金」として留保し、子ども達の環境教育や障害者・高齢者支援など、地域に役立つ事業に有効活用するようにします。

地域密着型の運営により、安全と安心を確保します

「導入場所の選定⇒契約⇒資材決定⇒施工⇒点検・監視⇒メンテナンスの一貫体制を県内企業を主体に確保し、地域内の関連企業と提携して実施すべく調整します。
又、導入後20年以上にわたる事業としての運営管理が必要となるので、地域に密着した体制で安全と安心を確保し、少しでも地域の雇用確保に貢献するようにします。

多くの自然エネルギー資源の活用を目指します

和歌山県内には、太陽光以外にも小水力や風力など自然エネルギー資源が豊富にありますが、価格面や環境負荷の問題などから、まだまだ普及が進んでいません。技術進歩や価格動向などをよく見極めながら、全国に先駆けた「自然エネルギー立県」を目指して推進します。
         
      歌山県の産官学民の連携による
       自然エネルギーの普及に頑張ります!!